気まずい再開

合コンって楽しいばかりじゃありませんよね。私は20代の頃に何度か合コンした事がありました。

 

実は当時、私には彼氏がいたのですが、どうしても人数が足りないからと誘われる事が多かったんです。でも、内心はものすごい罪悪感で一杯でした。

 

合コンの相手は、友人の知り合いで、趣味でサッカーをしている人達らしく、とても威勢が良いな。と、いうのが率直な感想でした。ですが、始まると男性達はサッカーの話しばかりしていて、会話はつまらなかったんです。

 

私はサッカーについてはあまり詳しくなくて、いろいろ聞かれるのですか、なかなかうまく答えられなかったんです。正直に、「サッカーは、あまり詳しくなくて」と、一応伝えると露骨に嫌な顔をされました。

 

一人の女の子だけ、かなりサッカー好きな人がいて、男性達は全員その子とばかり話して、私や他の友人達はすっかり蚊帳の外という感じでした。
国内では、どのサッカーチームが優勝するかとか、どんなサッカー選手が好きかと、私にはチンプンカンプンな名前や単語ばかりが出て来て、正直に言えば、「つまらない」の一言です。

 

それでも帰るというと場の空気が悪くなるかな。と、思ってそのまま耐えました。ですが、どんどんお酒が進み、男の人達の態度がどんどん悪くなっていくのです。まるで、サッカーを知らないという事がとても変な事のように言われて、ついカッとなってしまいました。私はカッとなると後先考えずに発言してしまうので、いつも気を付けていたんですけど、この時ばかりは抑えられませんでした。

 

私は立ち上がると、「サッカー知らない事ってそんなに悪い事なのっ」と、つい怒鳴ってしまっていたんです。シーンと静まり返った空気に(しまった!)と、思ってしまいましたが、仕方がありません。

 

私は彼らが不快に感じる事は分かっていたのですが、言わない訳にはいかないと思いました。

 

私は、まず女性の立場も少しは考えて欲しいという事を伝えました。自分達が好きな話ばかりをして、女性にだって話したい事はありますし、そういう話題をしたって良いじゃないですか。

 

と、言いたい事を全て言い終えると、なんとなく居づらくなってしまい、そのまま慌てて逃げるように帰ってきてしまいました。私は酔っぱらうと時々説教癖が出るみたいで、それで失敗したという事もしばしばだったんです。

 

友人には後日謝りました。友人は呆れながらも、言いたい事は分かると言ってくれました。

 

もう会うことはないだろうと思っていた合コンの相手に、まさかの再会をしてしまったんです。それも彼氏が一緒の時に。私はなんとか知らん顔をしようと思ったんですが、相手の人が気が付いて、私に話しかけてきたんです。

 

どうやら近くのコンビニで働いている人らしく、この間はどうも。と、言われて軽く頷くと、その人はあれから私が言った言葉をよく考えてみたそうです。そして、自分が間違っていたと気が付いた。と、言ってくれました。

 

ですが、その後、彼氏からも合コンの事を聞かれてしまい、かなり焦りました。